スポンサード リンク

HOME > ガーデニングの基本 > 植栽とは造園と違います

ガーデニングの基本

植栽とは造園と違います

次の記事>

植栽と言いましてもガーデニング初心者には、何の事か判らないのが正直なところだと思われます。植栽とは読んで通り「木」を植える事をいいます。誰にでも判る植栽の基本を知っておけば自分流の庭作りがイメージ出来て、どんな木を植栽すればと少しはわかってきそうに思います。 しかし植栽の基本と言いましても、庭木、芝生、生け垣、花壇などもプランターに植えたものさえも含まれます。 それに「植栽」 と言うのは「造園」と勘違いします。ガーデニングの初心者にはそんな難しいのなら専門家に頼まないといけないのではと思う事もあるかしかし専門家等に頼みますと、家族で身近に楽しみながらという、これこそ植栽の基本が遠くになりそうな気が致します。 さて「植栽」を実行する前に、イメージをします。 庭に木を植えたら門の外から・家の中からの両方から、どんな風になるのかと考えながら木を決めるのは大切な事になります。それに季節に応じて花の色等を考えたり、光の入る具合等が関係してきます。木の大きさや高さや枝ぶりとせっかくやるのであればきちんとやりたいものです。 春に花を愛でて、秋には果実が収穫なんてできれば家族での時間も作れます。例えばエスパリエに向いてる木(塀などの壁や生垣にむいている事)といいますと、柿の木やりんごやくさぼけとか言われていますが、これもまたその家により違いが出ます。 収穫出来る果実だって各家の思いでも関係してくるでしょうし、一概にこれが「よい」とかいえないです。その家の住む人が納得したものがいちばんなのです。

スポンサード リンク