スポンサード リンク

HOME > ガーデニング植花 > 花かんざしってどんな花なんでしょうか

ガーデニング植花

花かんざしってどんな花なんでしょうか

次の記事>

花かんざしの花言葉は、「明るい性格」になります。なんか元気の出てきそうな花になります。その理由の一つに寒さと乾燥に強い花で、困難な時も乗り越えるような感じが白くて清楚な花なのにするからでしょうか。 花かんざしという花は、「冬の妖精」と呼ばれるだけあって白くてかわいい花が咲き、その後が枯れて色が茶色になると言う事なく冬の寒い時に踊っているように見えるからのようです。寒い時に白い小さな花が咲いて揺れていたら目にとまりますよね。そして咲き終わった花はドライフラワーのように残り「愛でる」小さな花になります。手間入らずで寄せ植え等にはピッタリの花となるわけです。 最近ガーデニングの人気寄せ植えとかによくあります白い花は、花かんざしだったのかと納得もできる育て方も、手間は書けないといけませんが他の花のような難しさは無いようです。寄せ植えには色の配分から白は大切な位置にありますから、ここでも色と育て方からもおすすめな花になります。 もう一つ育て方のポイントは、どの花を同じだと思いますが、咲き終わった花を積み取れば新しい花が楽しめて長持ちします。これは栄養が新しいものに上手に働いている事になります。シクラメンでも同じ事をやったりします。すると枯れた花には栄養は行かないでいつも綺麗に長く咲いてくれます。 花かんざしの花つきが悪くなったりした時も、思い切って茎を切り大きな鉢に植え枯れるとまたつぼみが付き出すそうです。 「冬の妖精」というくらいですから、温かくなりましたら、雨に群れると茎の色が変わりぬめり出たりします。せっかく綺麗に咲いた花もかれてしまってはおしまいですから、軒下に移動した方が良いようです。

スポンサード リンク

関連記事:ガーデニング植花