HOME > ガーデニング植花 > ガーデニング植花

ガーデニング植花

ガーデニングに植える花をとりあげて、その作り方や育て方を紹介しました。 ガーデニングは、それぞれの木や花を知っていないと、 美しく育てるのはできません。

花によってはハーブのように体によいものや、ブルガリアンローズのように殺菌・抗菌効果や、抗炎症作用などがあり、同時にお肌のトラブルにやさしい潤いを与えてくれるものがあります。

また花付をよくするのにはどうしたらいいのか、常緑樹ではお勧めにはどんなものがあげられるかを書きました。

身近な庭木の種類は

やまぼうしは、5月から6月に樹木全体に白い花をつけます。この時点でそんな綺麗ならと選びそうですが、やまぼうしは秋にも素敵に変わるのです。やまぼうしは葉が赤く紅葉して、皆の目を楽しませて癒して入れるからです。

花かんざしってどんな花なんでしょうか

花かんざしは、「冬の妖精」と呼ばれるだけあって、白くてかわいい花が咲きますが、その後が枯れて色が茶色になるという事もなく冬の寒い時に踊っているように見えるからのようです。

庭木お勧めの常緑樹

常緑樹にも人気の種類があるようで、「ソヨゴ」「ハイノキ」「シマトネリコ」「リトルジェム」「常緑やまぼうし」が人気の5つになります。 お勧めの常緑樹を選ぶのも、ちょっと項目を変えるだけで色々な選び方ができます。

庭木 シンボル ツリー

庭木のシンボルツリーとしてはシマトネリコ、オリーブの木、エゴノキ、ヤマボウシ、ソヨゴ、ハイノキ、ブルーベリーの木、フェイジョア等がよく使われます。シンボルツリーとは庭木のシンボルとして中心となる木ですから、株立ちの雑木がよく使われます。

シマトネリコというのは?

本当はシマトネリコとは大木になるもので、原産地の熱帯地方ではシマトネリコを家具等を作る材料に使われます。そんなシマトネリコも、温帯の日本では気候的に大きくならないのでガーデニングの庭木として好まれるようです。

ガーデニング ハーブ

ガーデニングを今から始めようという方にでも、ハーブの栽培は向いていますよ。ガーデニングを始めたと同時に、ハーブの栽培も始めてみようという方なら、ハーブを苗から育てることをお勧めします。ハーブ作りに慣れてきたのならば、種からのハーブ作りに挑戦しましょう。

パーゴラの作り方

代表的な作り方は、1パーゴラ用の柱を設置します。材木で柱を挟み込んで、桟を設置します。桟は両端をカットするとかなり綺麗に見えます。桟を柱に取り付ける際は、その柱の前後左右の傾きをよく注意しましょう。

モッコウ バラ 育て方

直立させると花付きが悪くなりますから、元気の良い太枝や新枝を中心にして、斜め上方向に誘引すると花付きが良くなるようです。今の花数が少ない場合は、シュートという株元から長く伸びた枝を誘引して花数を増やします。

ブルガリアンローズ

ブルガリアンローズから1キロ採油するのにおよそ3.5トンの花が必要なのです。乾燥肌、荒れ肌、老化肌防止などのお肌のトラブルにやさしい潤いを与えてくれます。また、ブルガリアンローズにあるのは美容作用だけでなく、抗菌・殺菌効果や、抗炎症作用などの薬効成分も含まれいます。

ガーデニング植花

代表的な作り方として、1パーゴラ用の柱を設置します。材木で柱を挟み込み、桟を設置します。桟は両端をカットすると綺麗に見えます。桟を柱に取り付ける際は、柱の前後左右の傾きに注意しましょう。

庭木 種類

庭木の種類としていろいろ考えます。もちろん庭木ですから庭に植えることになります。少なくともどんな庭にしたいのかを先に考えておくべきでしょう。雑木の庭は庭木の種類でメリハリをつけたりすることが多いようですが、庭木の大きさのバランスを最初に考えておくことも大切です。

関連記事 :ガーデニング植花